my favorite things!

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年の漢字 「新」

<<   作成日時 : 2009/12/23 02:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

どうも!まったく持っての更新Less状態でしたが、みなさん、お元気でしょうか?
muteは相変わらずの毎日を過ごしていますが、もう12月も23日ですよ
2009年もあと僅かになって来ましたね。
そんな感じで、ちょっと時間が経ちましたが、今年も恒例の“今年の漢字”いってみたいと思います。


画像



毎年恒例、漢検が主催する今年一年の世相を象徴する漢字として今年は“新”が選ばれた。
 
「新」が選ばれたのは、さまざまな「新しいこと」に期待し、希望を抱いた1年で、
政権交代で新内閣が発足し政策、行政が刷新。
裁判員制度や高速道路料金割引制度などさまざまな新制度がスタートしたことなどを反映。
また、米大リーグ・マリナーズのイチロー選手や水泳競技での新記録ラッシュや、
新型インフルエンザの流行で新薬が登場したことなども理由にあげられた。
                                                (msn 産経ニュース)

今年は“新”ですかぁ…確かに言われるとそうだったかもしれませんね。
前途に記したように、色々な事が様変わりした一年だったかもしれません。
でも個人的にはあまり身近に、これらの変化を感じる一年ではなかったかもしれないですね。

強いてあげれば…“政権交代”が一番の“新しさ”かもしれないです。
一応選挙に行ったので。
その政治の世界も、与党となった民主党も色々問題が山積していて大変そうですけど。
みなさん、おかあさんからのお小遣いは、ホドホドにしましょうね


“温故知新” 
「ふるきを訪ね、新しきを知る」などと言いますが
本当の“新しさ”を求めるのであるならば、今一度この言葉に立ち返る必要があるのではなどと
個人的には思ってしまいます。

以前何処かで聞いた言葉に“いいものには、いつも何処か懐かしさがある”というフレーズを思い出しましたが
それはただの懐古主義ではなく、懐かしさ=安堵感みたいなもの感じるからではないでしょうか。

確かに時代と共に変化し、そして新しいニーズに対応しなければいけない時があります。
しかし、新しければなんでもアリの風潮には、あまり賛同できませんね。
その逆も同じくなんですけど。
“新しいもの”生み出し、それが時代や人々の生活を左右する事柄であるならば
そこにいる中枢の人達には、今一度この言葉のセンスを感じて欲しいなどと思ったりもします。

“女房と畳は新しい方がいい” これはきっと正論です
「だって最近うちのカミさん、怖いんだも〜ん!」と僕の友人がこぼしていましたので。
なんか笑点みたいなノリになってきたので、このへんで終わりにしま〜す

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
関係ないことですが、ニックネームの入力欄がとても長いですね。
さて今年の漢字決まりましたね。投票によって選ばれるとか。
次の年にはもう忘れているかもしれませんね。後から10年分とか
見ると楽しいかもしれません。
今年をまとめる日記みたいで「よいお年を」って
感じですなあ。
最後の文章は裏mute_beatさんが出てきたようです(笑)。
みかん
2009/12/26 00:43
みかんさん、いつもどうもです!
本当だ!入力欄、めちゃくちゃ長いっすね。こんなに要らないのに…

毎年これを見ると年末を感じたりします。
確かに過去を遡ると面白かったりしますね!
実は最後の文章が“表mute”だったしますよ、本当は!?

今年もお世話になりました!
よいお年をお迎えください
mute_beat
2009/12/26 14:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年の漢字 「新」 my favorite things!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる