my favorite things!

アクセスカウンタ

zoom RSS 徒然なるままに・・・

<<   作成日時 : 2007/05/03 01:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

どうも!みなさん、GW楽しんでますか?Yeah!
音楽ものが続いたので、たまには嗜好を変えて・・・徒然っちゃいます!
まっ!GWでもありますし・・・ね。こんなんもたまにはええでぇ〜!

「表層から深層へ・・・頑張れ、知力」

何を突然!まあまあ〜muteの話を聞いてみそ。騙されたと思って・・・
本当に「騙された」って文句は・・・

ずいぶん前に東京・神田の古本屋で見かけた一枚のポスター。
そこに書かれていたこのキャッチコピー。
「古本屋さんにハマリ過ぎのコピーだなぁ・・・」などと、その時は思っただけだったんですけど
何故かこのコピーが今でも忘れられないでいる。
なんだか「頑張れ、知力」の部分が妙にいいんですよね。エールを贈っている感が。

○「表層から・・・」
興味を持つ、これこそがまさに表層。きっかけは何でもいいのです。
「なんだこれ?」「なぜこうなるの?」「これやったらモテルかも!」「これイケテル」など
自分の目に留まり、アクションするきっかけとなる動機。
やがてそのもの自体に興味が増し、そしてそのもの自体の本質を知りたくなる。
これが人間の素直な欲求。そしてそのもの自体の本質へと歩み始める。

しかし・・・そこに立ち憚るのが、そのものへの無知な自分。

「分かんねぇ〜」「どうすりゃいいの?」「こういう場合は?」など
そのものの本質を知りたいと思ったが故に起こる感情。
しかし、ここで諦めてしまうと・・・中途半端な自分と向き合うという、悲しい現実が待っている。
でも、ここで止めるのもOKなんですよね。(保留ってのもアリです)
そのものに対して「自分はこの程度の興味だったんだぁ」と分かっただけで。
充分成長の跡は見られるのです。大切なのは認めること。
決して恥ずかしいことではないのです。
そして他人を羨ましく思わないこと。これが学習できれば、バッチリ、お・と・な!

○「深層へ」
しかし、往生際の悪い、じゃなかった、諦めることをしなかった人が
次のステージへ進むことを望んだ時に・・・無知の自分を知ってしまった今。
そうです!知識(スキル等)というものを欲するのです。そのものへの・・・
その時に問われるのが「知力」なのです。 that's right!
「知力」だなんて言うと大袈裟に聞こえますが、単純に「道しるべ」みたいなもの。
目的地に辿り着くための、言わば道路標識のような・・・
でも、あるとないとじゃ大違い、みたいな。

「深層へ」の道のりに、どうしても必要になるアイテムが知識。
そして「深層」を紐解くものが・・・そうです。ここでは「本」 
思考を手助けする、言わば懐刀としての。だから古本屋さんの店先にこのポスターが・・・
という、すんげ〜まわりくどいものの言い方。ってお前だろ!

なんでこんな話をしたかと言うとですね・・・
実は先日、とあるブログでいいことが書いてあったんですよ。

「考えること」と「悩むこと」とは違うんだ。
「考える」は・・・思考を巡らすこと。だから、頭を使っていることなんだよね。
これ自体は非常にいいことなんだと。
しかし「悩む」は・・・思い患うこと。頭にも体にもよくない。ストレスにもなるしね・・・
なんてなことを。

その時に思い出したように、さっきのコピーが頭をよぎったのでした。
「知力」に対する「頑張れ」というエールの響きが・・・呼びかけている感じがいいかなと。
呼びかけてもらったのならば・・・頭は使わないとダメですよね。やっぱり。
そして使えば使っただけ、未知の自分に出会えるものかもしれませんね、もしかして。
この際、他人の事はほっといて・・・未知なる自分探しもいいですよね。
なんだかワクワクしません?僕だけ?それでもいいや!

今度「頭の使い方」をみなさん、トライしてみません?
ちょっとだけいい小ネタあるので・・・ご参考までに。ミーもお勉強ざんす!シェー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、繋がりやすくなりましたね(^_^) 、ありがとうございます。
今日はなるほどと納得してました。
「表層から深層へ」 難解に思えますが、興味や好奇心を持つ。
十代の頃はたくさん湧きましたね、今はどうでしょう。
時代の変化についていってますか、いつのまにか「今の若いモンは」なんて言ってませんか。
極めていく深い理解の追求は誰にでもできることではありません。
でも知ることは誰にでもできることで投げ出してはいけませんよね。
知らなかったばかりに損をすることも世の中いっぱいあります。
本にしても作者が何ヶ月、何年とかけて調べ研究したものを私たちはいとも簡単に読むことができるのですから、なんてありがたい。
知れば知るほど自分の無知とちっぽけな存在に気がつきます。
でもそれでいいのだと、回りの大きさを認識した方がオールジャンル対応だわ。
知識は増えてるのかな私・・PCに向かうことの方が多いけど、出会ったお友達一人一人がすばらしい知識の宝庫だわ。
悩まないで人生送りたいです、ワクワクする頭の使い方しましょうね。


Meg
2007/05/03 13:08
小ネタ気になる〜、早く教えて。
最近は自分で考えるより、人にすぐ聞く癖がついてしまった。
良くない癖だよなぁ。
手元には3年前に読みかけたまんまの本があるしさ。
本を読む時間も作らないといけないな。
ひげ
2007/05/03 21:03
Megさん、どうも!早速来てもらってありがとうございます。
「今の若いもんは・・・」確かにありますよね、そんな瞬間が。
でも誰にでもその「若い時が」ですよね。

「道を極める」と書いて「極道」と読む。
以前こんな言葉を聞いたことあります。良きにつけ悪しきにつけ。
大変なことですよね、そこまで至るには。何事も。
まずは、そこへの第一歩としての「好奇心」
めんどくさがらず、好奇心に胸膨らましていたいですよね。

貴重なご意見、ありがとうございます。
改めて、これからもよろしくです。

mute_beat
2007/05/04 10:12
ひげさん、どうも〜!楽しんでもらえました?
小ネタ、ご用意しまっせぇ〜。少々お持ちを。
忙しさを理由に、本も読まなくなってしまいますよね。
きっと本との出会いも「一期一会」焦らず付き合えればいいかなと。
頑張りましょう!Yeah(^0^)
mute_beat
2007/05/04 10:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
徒然なるままに・・・ my favorite things!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる